自費診療

ED

EDイメージ

ED(勃起不全)について

ED(Erectile Dysfunction)とは、「勃起しない、または勃起が持続しないために満足な性交ができない状態」のことを言います。「完全に勃起できない」ことだけを指すわけではなく、「勃起に時間がかかる」「途中で萎えてしまう」「満足のいく性行為ができない」と感じる人は、いずれもEDの疑いがあります。

成人男性の4人に1人がED

EDは年齢を重ねるごとに誰もがなり得る症状で、成人男性の4人に1人、50代以上の男性では2人に1人もの方がEDを有すると言われます。そこには、糖尿病などの基礎疾患が関与しているケースが少なくありません(健康な人と比べ、糖尿病の男性がEDを起こす確率は2~3倍高くなると言われます)。前立腺疾患治療後のEDも増えています。また、近年は若年者にも、ストレスや精神的な原因からEDに悩む方が少なからず見受けられます。

ED治療薬

現在、ED治療には良い薬(勃起を促す補助薬)がいろいろ開発されています(バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなど)。ご要望を考慮に入れながら、個々の患者様に最も適した薬を処方いたします。

AGA

AGAイメージ

男性の薄毛は、「男性型脱毛症」(AGA:androgenetic alopecia)、通称「薄毛症」とも呼ばれています。思春期以降に始まって徐々に進行する、男性では最もよく見られる脱毛症です。前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなり、最終的には頭の生え際が後退し、頭頂部の毛髪が失われることが特徴で、日本の成人男性の4人に1人くらいが薄毛症と言われます。薄毛症は、遺伝や男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れなどが主な原因と考えられています。薄毛症は進行性の脱毛症であり、何もせずに放っておくと、毛髪の数は次第に減っていきますので、早めのケアが大切です。当クリニックは、個人情報やプライバシーに配慮しながら診療を行いますので、安心してご相談ください。

にんにく注射

にんにく注射について

にんにく注射イメージ

にんにく注射は、ビタミンB1を主成分とした水溶性ビタミンを静脈に直接注射します。注入すると鼻ににんにくのような硫黄の匂いが広がることから、よくこの名で呼ばれています。体に蓄積されてなかなか取れない疲れや倦怠感の原因は、疲労物質の「乳酸」の蓄積による場合があります。にんにく注射は、この蓄積された「乳酸」を燃やし新陳代謝を高めるため、症状改善に即効性があります。スポーツ選手などに利用者が多いことからもわかるように、にんにく注射は肉体疲労やだるさ、倦怠感を早く回復させたい方にとって、たいへん有効です。運動や過労、ストレス、アルコール等によってビタミンB1の消耗が増えます。食事やサプリメントでもある程度補うことができますが、症状が強く即効性を期待する場合には注射による補充が効果的です。

にんにく注射の効能

  • 疲労回復
  • 風邪予防
  • 二日酔いからの回復
  • 夏バテの解消
  • 冷え性の解消
  • 美肌効果
  • 血行改善
  • 新陳代謝の促進
  • 頭痛、肩こり、腰痛の緩和
  • 眼精疲労の改善
  • 肌荒れの改善 など

プラセンタ注射

美肌イメージ

「プラセンタ」とは“胎盤”のことです。胎児を保護し、健やかに成長させるために妊娠中につくられる生命の源とも言える臓器であり、出産と同時にその役目を終えて体外に排出されます。そのためプラセンタには、受精卵1個をたったの10ヶ月程度で平均3kgにまで育て上げるのに必要な栄養素(ヒアルロン酸、コラーゲン、各種必須アミノ酸、たんぱく質)と成長因子(胎児が子宮の中で驚異的とも言える成長を遂げるために必要とされる成分)が含まれています。そんなプラセンタは、体内状況を調整する作用をもち、組織を本来あるべき状態に修復・再生しようとする大きな力を発揮します。もともとは肝機能改善薬として認可された注射薬なのですが、アンチエイジング(老化防止)に役立ち、若返り効果や美肌作用があり、また更年期障害を緩和する作用もあるため、多くの女性の治療に取り入れられています。プラセンタ注射は、サプリメントなどに比べてはるかに即効性に優れています。ご希望の方には、最適な用法・用量を慎重に検討したうえで投与いたしますので、ご相談ください。